吹き抜けのデメリット

冬にリビングの暖気が2階にいってしまう

冬、リビングでエアコンやヒーターなどの暖房器具をつけると、暖かい空気が部屋中を暖めてくれます。暖かい空気は上にのぼる性質を持っているため、通常の家ですと天井にたまります。その場合はサーキュレーターなどの風を天井に当てることで空気の流れをつくり、リビングの生活エリアまで暖気を運んで暖かさを感じることが出来ます。しかし、吹き抜けのある住宅では、暖気は天井にはとどまらず2階までのぼってしまいます。2階の暖気をサーキュレーターで1階のリビングまで運ぶことは難しいため、どれだけ暖房をつけても寒さを感じてしまうことがあります。吹き抜けの天井にシーリングファンを取り付けるなど工夫をすることで、暖気をリビングまで下すことができます。

吹き抜け分の床が狭くなる

吹き抜けは2階や3階の床を設けないつくりのため、開放感はありますがその分の床面積が少なくなります。本来は何か物を置いたり1つの部屋として利用できるスペースの床をなくしてしまうということです。階段のデッドスペース部分を吹き抜けにするだけだから、大して床面積は変わらないのでは、と考える人も多いでしょうが、そういったデッドスペースは収納になっていることがあるので、同じ床面積の吹き抜けの無い家より収納スペースが少なくなってしまいます。また、床が無いせいで柱を建てられず、耐震の関係で不便な場所に柱を作る必要があるかもしれません。同様に、耐震の関係で壁側に吹き抜けを作る場合に、片側を壁だけで支えるため、自由に窓を作れない可能性があります。