吹き抜けのメリット

抜群の開放感でコミュニケーションも進む!

自由自在な設計が可能な注文住宅では、吹き抜けのある住まいを希望するケースも少なくありません。もちろん吹き抜けには、それだけの魅力やメリットが幾つもあるからとも言えます。 例えば特定の空間に開放感が生まれるのも、その1つ。上下連続した高さのある、ダイナミックで開放的な空間を実現できるため、常に家族が集まるリビングや、頻繁に訪問客が来る玄関といったゾーンに取り入れることで、ゆったりとリラックスした空間に変えることが期待できます。 同時にコミュニケーションが取りやすくなることも、吹き抜けの見逃せないメリットです。例えばリビングに居ても2階まで家族の気配がわかりやすいため、家族間で気軽に声をかけやすい環境が生まれます。また開放感のある雰囲気も手伝って、来訪客との会話もはずむことでしょう。

高い採光性が様々なメリットを生む!

さらに吹き抜けのある住まいでは、上下連続した広々と高い空間を確保できるため、高い採光性を実現できることも、大きなメリットと言えます。例えば2階まで全面ガラス張りにしたり、高い位置に大きな窓を設置することで、たっぷりと太陽光を取り入れることが可能になります。もちろんその分だけ、健康面でも様々なメリットが期待できるでしょう。 また室内も明るく暖まりやすいので、照明の使用頻度が少なくなったり、冬場でもエアコンやヒーターの稼働時間が減って、結果的には光熱費の軽減につなげることも可能になります。もし採光性が高まることで紫外線が気になるのであれば、UVカットのガラス窓にしたり、窓にUVカットフィルムを貼るといった対策も、設計段階で検討すべきでしょう。